そば殻の枕でないと落ち着かない。

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

私が使っている枕は、そば殻を使った昔ながらの硬い枕です。小さい頃からそば殻の硬い枕を使っていたのですが、ついに枕が破れて中からそば殻が出てきてしまいました。それで、私は急いでニトリに枕を買いに行きました。ニトリには低反発の柔らかい枕や、プラスチックのチップが入った丁度いい硬さの枕など、様々な枕が売っていました。まぁ、値段もそこそこするし、寝心地も良さそうでどれにしようか迷っていたのですが、いざ買うとなると、子供の頃から使っていたそば殻の硬い枕が頭をよぎって、そば殻の枕じゃないと嫌だ!と思い、ニトリで枕を買うことを断念しました。
それから、そば殻の出てくる破れた枕にタオルを巻いて出てくるそば殻と闘いながら生活を送っていました。低反発の枕を買おうかすごく迷いましたが、やはりそば殻の枕の記憶が出てきて低反発の枕を欲する欲求よりも、そば殻の硬い枕の記憶が勝って、破れたそば殻の枕を使って寝ていました。
ある日、フリーマーケットに行くと、おばあちゃんの手芸店にそば殻の枕が800円で売っていました。手に取って硬さを確かめ、匂いを嗅いで、枕を品定めしました。そば殻の匂いと、硬さが、私の記憶と一致してこれしかないと思い、おばあちゃんのお店でそば殻の枕を買いました。
そば殻の枕は、硬くて、高さがあり、頭をホールドしないので、低反発の枕等他の枕に比べて、疲れを癒す効果や安眠させる効果などが劣っているかもしれませんが、子供からの記憶により、私はそば殻の枕じゃないと気持ちが落ち着かないのです。一生、フリーマーケットでおばあちゃんのお店で買ったそば殻の枕を使い続けようと思います。

肩こりで悩んでいる方はおすすめの高反発枕ランキングをご覧ください。